当たり判定ゼロ

シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

まぜるな危険 / チャンピオンジョッキー

ギアーズのトルクボウは「カンッ!」と鳴ってから、実際に死ぬ前にラグがある死の宣告がインパクトありすぎて夢にまで出てきます。おかげさまで、工事現場の近くを歩いていて金属音がすると体がビクッとします。

最近はチャンピオンジョッキーというゲームを遊んでいるのですが、このゲームご存知ですか。
9月22日に発売されたんですけど、レビューサイトにスルーされるわ実績まとめスレに項目すらないわで、発売されたことを知っているひとすら少ないという可哀想なことになっています。
噂では箱版の売り上げは3桁という話だとか(なお、そのうち2人は実際の騎手という話)。
せめてゲハに「爆死wwww」とか煽ってもらえればまだ救われるというものですが、ゲハからも完全スルー!まさに世界にひとりぼっち。愛情の裏返しは無関心というわけです。

「世界で一番美味いのはハンバーガーとコーラだ。なぜなら世界で一番売れているからだ」という話はシニカルで嘘っぱちな例え話ですが、もちろん売り上げと面白さは直結しません。ジョッキーゲーは売れないけど、面白いです。
ジョッキーゲーは、古くはファミリージョッキーにはじまり、最近ではテクモギャロップレーサーコーエージーワンジョッキーが2大タイトルとされ、ギャロップレーサーは過剰な演出によるマリオカート路線、ジーワンジョッキーはリアルなレースシーンを追求したグランツーリスモ路線と明確に住み分けを行っていました。
ゲーム的な爽快感を求める人はギャロップレーサーで有名馬同士のバトルを楽しみ、リアルなジョッキーシーンを求める人はジーワンジョッキーで未勝利戦の11番人気の騎乗依頼を受けて5着までの掲示板入りを目指して淡々と乗るなどしていたのです。

ジョッキーゲームの需要は、体感的にはおそらくギャロップレーサー初期の頃をピークとして、その後縮退傾向にあるのかなーと思ってます。現にジーワンジョッキーなど「ジーワンジョッキー4 2007」「ジーワンジョッキー4 2008」とパワプロ決定版もびっくりのマイナーチェンジを毎年繰り返して小銭稼ぎを続けていました。完全新作を出してもペイしないという判断があったのかもしれません。

事件は2010年に起きました。テクモコーエーが合併することになったのです。
ジョッキーゲームの需要がなくなる中、2大ジョッキーゲーを出しているメーカーがくっついたのです。多くの人は無関心だったと思いますが、この状況にジョッキーゲー愛好家は直感しました。
「生き残るのは一つ……!!」

演出路線のギャロップレーサーか、リアル路線のジーワンジョッキーか。
サッカーのウイイレシリーズとFIFAシリーズではないですけど、わりと方向性の違う同じ題材のテーマのファンというのは対立しがちですので、どちらが生き残るかはとても重要な問題でした。
想像してみてください、EAとコナミが合併して「来年からFIFAは廃止してウイイレ一本にします」と宣言した未来を。永遠に新作を遊ぶ機会を失くしたFIFAファンの落胆ぶりを。

ジョッキーゲーファンはコーエーテクモの新作を固唾を飲んで見守りました。
そしてついに発売される新作。

……まさか足して2で割って出てくるとは……。

ゲームの日常パートはジーワンジョッキー。調教師に頼まれて、未勝利戦や条件戦で人気薄に乗って地位を築いていったり、あるいは仲の良い調教師に頼んで有力馬に乗せてもらったり。毎週の地道な騎乗で人脈を築いていきます。
騎乗パートは、ギャロップレーサーモードとジーワンジョッキーモードの切り替えが可能ですが、一定の条件を満たすと発動するアビリティがあったり、良い騎乗をすると直線でレボリューションモードになって問答無用で他馬をぶっちぎったりと、すごく……ゲームゲームしてます。
インターフェイスはパッと見ジーワンジョッキーなのですが、中身はギャロップレーサーというか。パワプロの画面なのに、ピノがバッターボックスにいてバントヒットでホームランというか。

バーテンダーかっけぇ!」と思ってシェイカーを買って、色々混ぜて遊んだことがあるのですが、基本的に混ぜて合うものってあんまり多くないんですよね。
私はピルクルが好きなんですけど、だからと言ってカンパリに混ぜて楽しそうにシェイクしても楽しいモノができるとは限らないのです。というか大変まずかったです。

まぁ、ここまで言っておいてなんですけど、ギャロップレーサージーワンジョッキー両方が好きな人だったら楽しめます。たとえば、ギャロップレーサーが10、ジーワンジョッキーが5好きな人がいるとしたら、本作は足して2で割った7.5の評価になるでしょう。
人間、悪くなったところにどうしてもいってしまうので「ギャロップレーサーの新作だったら10点なのにー!」という評価になるのは心理的にやむを得ないところでしょう。ドラクエとFFを足して2で割ったゲームを作っても同じ評価になると思います。

とはいえ私は基本的にゲームは何でも美味しくいただけるノンポリなので、おもしれぇおもしれぇと死んだ魚みたいな目をして遊んでいます。生きてて楽しいです。